読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪国(川端康成)

雪国を初めて読んだのは恐らく中学の三年生かあるいは高校の一年生の頃であって、当時はまだ知らない温泉町の情緒や若い女の美しさに目を引かれていたに過ぎず、話の筋は理解していたものの、その情念を解するだけの素地も、またこの物語がメリハリの効いた…